他社でキャッシングしている場合、総量規制に注意する

総量規制というのは、「年収の3分の1まで借りられる」というルール。これはすべての会社で計算します。つまり、すでに他社でキャッシングしている人の場合、その金額も含めて計算します。

 

たとえばあなたの年収が600万としましょう。そうすると、借り入れ可能な総額は「200万」。そして、すでにプロミスで80万借りていたとします。

 

そうすると、あなたが次の会社(たとえばモビット)で借りられるのは120万です。なので、モビットでは120万以上の借入希望金額は出してはいけないということです。出したらかなりの確率で審査に落ちてしまいます。

 

(審査には落ちなくても、どの道120万までしか貸してくれません)

 

実際にはそれだけの金額が必要になることはないでしょうから、「本当に必要な金額」だけを借入希望金額として出すべきです。急遽必要になるお金というのは、大抵10万円未満で済むものです。

 

なので、すでに他社で借り入れしている方が追加でカードローンを申し込む場合「総量規制に注意する」「本当に必要な金額だけを希望する」ということを意識してください。これは重要なポイントです。

 

 

今の会社で追加で借りた方がいい場合も、

 

 

カードローンというのは一つの会社からまとめて借りるほど、金利が安くなります。これは当然です。普通の商品やサービスでも「まとめ買い」すると安くなるでしょう。いくつものショップや会社でバラバラに購入していたら、そのような割引を受けることもできません。

 

なので、すでに借り入れしている会社があって、総量規制にまだ余裕がある場合、その総量規制の限度いっぱいまで、今借りている貸金業者で追加で借りた方がいい…というケースもあるのです。

 

もちろん、この場合「増額の審査」というものをする必要があります。「今の借入限度額は○○万円だけど、これを増やしてほしい」という要望を出すわけですね。

 

これは必ず通るとは限りませんし、時間もかかりますが、大抵は即日結果が出ます。そして、手間がかかるという点では新しい業者で審査を申し込むのも同じですから、面倒くささという点で両者には特に差はないでしょう。

 

そして、ここまで書いた通り金利が安くなるということを考えると、同じ業者でたくさん借りた方がいい…ともいえるわけです。

 

増額が断られたら、新しい業者で申し込む、という手順で考えてもいいかも知れません。もっとも、この場合時間がかかるので、急ぎの人には使えない方法ですが。

 

すぐにお金がいる

更新履歴